イビサクリーム ピューレパール

イビサクリームとピューレパールの違いは何?商品比較!

 

イビサクリームとピューレパールは
同じ黒ずみケア商品ですが、黒ずみのアプローチの仕方や購入条件など若干違ってきます。

 

ここでは、『イビサクリーム』と『ピューレパール』の比較をしていきます!

 

さっそく一緒に見ていきましょう!

 

イビサクリーム成分・特徴について

イビサクリームは『高い美白効果』が期待できる成分を使っています。また、主要成分は美白化粧品で有名な資生堂HAKUと同じ成分を使っているのが特徴です。

 

主要成分
  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸2k

 

その他の成分

・さくら葉抽出液 ・カモミラエキス
・ダイズエキス ・オウゴンエキス
・ヒアルロン酸ナトリウム ・グリセリン
・乳酸ナトリウム液 ・ローズ水
・BG ・1,2-ペンタンジオール
・シロキクラゲ多糖体 ・1,2-ヘキサンジオール

 

イビサクリームは、おもにデリケートゾーンの黒ずみケアに特化した商品になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着が原因と言われています。

 

イビサクリームは、メラニン生成を抑制しつつ、高い保湿力で肌トラブルを防ぎ、安全にデリケートゾーンの黒ずみケアができる商品となっています。

 

 

副作用について

 

イビサクリームは無添加で作られている商品です。合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラペンなど肌に悪影響を与える成分は一切使われていないので、副作用がおこる可能性は極めて低い安心の商品と言えます。

 

ピューレパール成分・特徴について

 

ピューレパールは『保湿と美白』ともに高い効果が期待できる成分が、たっぷり使われています。特に潤い成分が多く、乾燥からの黒ずみケアを目的としているのが特徴です。

 

主要成分
  • 水溶性プラセンタエキス
  • グリチルリチン酸2K

 

その他の成分

・トリプルヒアルロン酸 ・コラーゲン
・天然ビタミンE ・米ぬかエキス
・ビタミンC誘導体

 

ピューレパールは、おもにワキの黒ずみケアに特化した商品になります。

 

ワキの黒ずみはムダ毛処理(カミソリなどの刺激)や制汗スプレーなどの使用による乾燥が原因と言われています。

 

ピューレパールは、優しいジェルで固くなった皮膚を柔らかくして、肌本来のターンオーバーを整えつつ、圧倒的な保湿力でワキの乾燥をサポートしてくれる商品となっています。

 

 

副作用について

 

ピューレパールは無添加で作られている商品です。合成香料・着色料・シリコン・界面活性剤・紫外線吸収剤など肌に悪影響を与える成分は一切使われていないので、副作用がおこる可能性は極めて低い安心の商品と言えます。

 

それぞれの価格について

 

商品名

イビサクリーム

ピューレパール

単品購入

7,000円+送料360円+手数料150円

7,600円+送料600円

定期購入

初回4,970円 カード決算500円OFF

4,750円

最低継続条件

2回(2か月)

3回(3ヶ月)

内容量

35g

30g

返金保証

28日

25日

限定特典

黒ずみケア5つのコツ

withサプリメント

 

イビサクリーム、ピューレパールともに、全身に使うことができます。

 

※黒ずみの悩みの箇所が決まっている場合

 

デリケートゾーン⇒薬用イビサクリーム

 

ワキ・ひじ・二の腕⇒ピューレパール

 

それぞれ上記に特化した商品になります。

 

また、それぞれの効果に期待できる期間は、
ともに【1ヶ月〜3ヶ月】頃から実感されている人が多いようですね!