イビサクリーム 解約

イビサクリームの定期解約方法は?解約条件と注意点を解説!

 

イビサクリームを定期コースで購入した場合は解約手続きが必要です。この解約をしない限り、毎月ずっとお届けされます。

 

まずは、イビサクリーム購入前に解約するまでの条件などを解説していきます。

 

ぜひチェックして解約トラブルなどに巻き込まれないようにしていきましょう!

 

イビサクリームの解約までの流れ

 

近年ではインターネットの普及に伴い
多くの人が手軽にネットショッピングを楽しんでいますよね。

 

ですが、それと比例してネットショッピングで定期コースと知らずに購入してしまった。

 

解約しようとしたら条件があって『解約できなかった』なんてトラブルが相次いでいるんです。

 

こんなトラブルに巻き込まれるのは、ごめんですよね?

 

ですので、イビサクリームに関わらず
通販商品を購入の時は購入内容をしっかりチェックしましょう!

 

では、イビサクリームの定期コースでの条件を見ていきます。

 

イビサクリームの定期コースの条件

 

イビサクリームの定期コースは最低2回の継続が条件になっています。

 

つまり、2回分は必ず買ってくださいねということですね。

 

大体の定期コースは、この〇ヵ月継続という条件付きなんですね。

 

だからこそ安い価格で提供できているんです!

 

まずは、このことをしっかり理解しておきましょうね^^

 

 

イビサクリームの定期コースを解約する場合
3か月目から出来るようになります。

 

解約手続きを行う時は、こちらに連絡する必要があります。

 

お問い合わせ先:株式会社ファイブテイルズ イビサビューティー

 

電話番号: 0120-222-430
(平日9:00〜18:00)

 

メール : info@ibizabeauty.net
(24時間365日受付)

 

基本的に解約手続きは電話連絡が必要になります。

 

解約を伝える場合は、次回お届け日の7日前までに電話連絡をすることで解約できます。

 

 

また、メールでもお問い合わせすることもできます。

 

が、メールだとチェックのし忘れが起こる可能性も0ではないので、確実に電話で伝えるようにしましょう。

 

 

では、おさらいです!

 

イビサクリームの定期コースの解約条件

 

最低2回の継続が必要

 

解約手続きはお届け日の7日前までに連絡

 

連絡は電話連絡で

 

この条件が満たされていれば、イビサクリームを簡単に解約することができます。

 

今だけ限定!7大特典付きで申し込む

薬用イビサクリーム公式サイトはこちら

 

うっかりミスでいつ購入したか忘れた場合は?

 

たしかに、うっかり忘れることもあるでしょう。
ですが、イビサクリームの定期コースでは、次のようなパンフレットが添付されてきます。

 

 

2回目のお届け時に一緒に付いてきますので、
何回目の受け取りか忘れた場合でも安心して大丈夫です。

 

また、解約時の電話が苦手という人もいるかと思います。

 

なので、直接問い合わせて確認しておきました
(・∀・)b

 

 

私の場合は、女性の方で話した感じ(対応)も良く、緊張することなく普通に話すことが出来ました。

 

解約する時も、しつこい勧誘などもないようです。

 

簡単な質疑応答で2分もかかりません。
とのことですよ!

 

 

私も、どちらかというと電話はすごい苦手なタイプです(;^_^A

 

分かりやすく言うなら

 

『...はい』『えぇ...』といった感じですね。

 

もし、あなたも私と同じタイプなら心配しなくても大丈夫ですよ!

 

解約以外に休止や本数変更は可能?

 

 

こちらも2回目以降の受け取り後は可能になっています。休止のメリットは、連絡1本で再開できるところですね。

 

例えば)

 

夏場は肌が露出して気になるからケアしていたけど、冬場は服を着こむから使わないという人は、解約ではなく、休止を利用する人が多くいるようです。

 

そして、春ごろから、また再開といった感じで、自分の好きなタイミングでケアすることができます。

 

この時、また最初から注文とやっていたら手間ですよね?

 

イビサクリームを気に入って、毎年使い続けたい人は解約ではなく、休止という方法もあります。

 

定期コースはこういう融通もききますので、参考までに覚えておくと便利ですよ!

 

以上でイビサクリーム定期コースの解約方法の解説でした。

 

イビサクリームを試してみたい人はコチラの記事も参考にしてみください!

 

イビサクリームは効果ない!?口コミ調査で分かった危険な罠とは?